2018年12月から始まった4K8K放送。全部のチャンネルを視聴するためには従来のアンテナではなく、4K8Kに対応したアンテナを設置しないといけません。

またブースターなどの機器も4K8Kに対応した物を用意する必要があります。

4K8Kを視聴するためにこれらの機器を準備している方の中には、

「ブースターってどんな役割があるの?」「本当に必要なの?」

と思っている方も多くいるかと思います。

そこで4Kブースターについてまとめました。

4Kブースターが必要なのか、4Kブースターの価格についてご紹介します。

4K対応ブースターとは

ブースターとは、アンテナが受信したテレビ信号を増幅する機器です。

設置したアンテナが受信した信号は、テレビアンテナからテレビに届くまで様々な原因で信号強度が低下します。

そしてテレビに届いた信号が受信可能レベルより低くなってしまうと映像にノイズが入ったりしてしまうのですが、ブースターを取り付けてアンテナが受信したテレビ信号を増幅することにより、途中で信号強度が低下しても受信可能レベルの信号がテレビに届くようになります。

ブースターには、地デジ用(UHF)ブースター・衛星放送用(BS/CS)ブースター・4K対応ブースターなどがあり、4K放送を視聴するは4K対応ブースター、と視聴環境に合わせて対応したブースターを設置する必要があります。

また地デジ+衛星放送用(BS/CS)ブースター・地デジ+4K対応ブースターも用意されています。

 

4Kブースターは必要なの?

ブースターが必要かどうかは、それぞれの視聴環境で変わってきます。

どのような状況でブースターの設置が必要になっていくのかについてご紹介します。

複数台のテレビで視聴をする

一本のアンテナで受信した電波で、リビングと寝室、子供部屋など複数のテレビで視聴をする場合、アンテナが受信した信号を途中で分配してそれぞれのテレビに届けます。

分配するとアンテナが受信した信号が低下し、それぞれのテレビに届く信号は映像が満足に視聴できるレベルに到達していない可能性が高くなります。そのため分配して複数の部屋で視聴をする場合は、信号の低下を補うためにブースターが必要になってきます。

アンテナとテレビの距離が長い時

アンテナが受信した信号の強度はケーブルを通るだけでも低下していきます。

そのためアンテナとテレビを繋いでいるケーブルの距離が長ければ長いほど、損失を補うためにブースターが必要になる可能性が高くなります。

とはいえアンテナが受信できるもともとの電波強度が高い環境もあれば低い環境もあるので、何メートル以上でブースターが必要という絶対的な基準はありません。

アンテナレベルチェッカーではアンテナは充分な信号を受信出来ているのに、テレビでは受信可能レベルの信号が受信できない時はブースターの設置で改善される可能性が高いです。

アンテナが受信できる電波が弱い場合

アンテナ本体が受信できる電波強度が弱い時もブースターを設置することで、綺麗な映像を視聴出来る可能性が出てきます。

4K放送の電波は雨や雲など天候の影響で受信できる信号が弱まる可能性があります。

このような場合にブースターを設置しているか否かで、テレビの映像が視聴できるかどうか変わってくる場合もあります。

 

4Kブースターの価格

4K対応ブースターは通販や家電量販店などで購入することができます。

またアンテナ工事業者などに依頼して取り付けてもらうこともできます。

通販などの4Kブースターの価格

4K対応ブースターは、通販や家電量販店などで7,000円~から購入できます。

ブースターには様々なスペックが用意されており、ノイズをどれだけ抑えることが出来るか、受信した電波をどれだけ増幅することが出来るかなどの違いがあり、高性能な製品ほど価格が高くなります。

またブースターを購入した場合は、設置をしないといけません。

ブースターの設置にはブースターの電源の確保に工事が必要になる場合や配線の知識などが必要になってきます。自信が無い方はアンテナ工事業者などの専門家に依頼して設置してもらった方が無難です。

アンテナ工事業者で4Kブースターを取り付けてもらう場合の価格

4Kブースターを業者に以来して設置した場合の費用は、ブースター本体と工賃などが込みで20,000円~35,000円が相場です。

料金に大きな開きがありますが、多くの業者でブースター単体工事は価格設定が高く、アンテナとセットでブースターを設置した場合のブースターの価格は若干割引された価格設定になっているためです。

そのためアンテナ工事業者に依頼する場合は、なるべくアンテナとセットでブースターの設置工事をするのをおすすめします。

 

4Kブースターの設置を業者に依頼する場合の注意点

ブースターは前述したとおり、地デジブースター・BS/CSブースター・地デジ+BS/CSブースター・地デジ+4Kブースターがあります。

アンテナ工事業者のブースターの設置価格は、ほとんどの業者で地デジ用ブースターの工事料金が一番安くなっています。

そのためブースターの設置を業者に依頼した場合、問い合わせでは地デジ用のブースターの料金を提示して工事の段階で地デジ+4Kブースターの設置料金を請求されるケースも有るので、提示された金額が4K対応ブースターなのか、地デジに対応しているのかなどをしっかりと確認しましょう。

 

まとめ

ブースターは決して安価では無いため、設置しないですむなら設置したくないと考えているかもしれません。ですが、4K8K放送の快適な視聴環境を整える場合には4K8K対応ブースターが必須です。

ブースターは自分で設置することも出来ますが、知識が無い方の場合は時間だけかかって結局設置出来ない場合もありますので、アンテナ工事業者などのプロに依頼して設置するのをおすすめします。

また4K放送用の工事に関しては、まだ放送が始まったばかりのためか、全国のアンテナ工事業者の価格設定に大きな差が見られます。

ブースターに限らずアンテナ工事は、複数の業者で見積もりをとってそれぞれの業者の比較をするのがなるべく安く工事をするコツです。

アンテナ工事業者の選び方については以下の記事でまとめていますのでそちらも参考にしてみてください。

おすすめの記事